気になる靴屋さんがあったら迷わず店内に入って試してください。



よく生徒さんやお客様から伺う話ですが、試してみたいけど、買わないといけないかもしれないのでという話。 確かにありますよね。 店員さんとの距離感が気になったり、オススメされたら買わないといけないかもしれないとも。全部気にしなくて「イイんです!」


博多華丸大吉さんの川平慈英さんのモノマネを引用してすみません。 噛み砕いて簡単に説明すると、 1、靴屋さんは、得意分野を持っているから。自分に合う時も合わない時もあるため。 例)小さい足・大きい足・外反母趾・オシャレ・健康的・甲高・かかとが大きい小さい・等など 2、足を入れないと、フィットするかわからない。 3、見てみた印象と履いてみた印象が全く別ものである場合があるため。 4、自分にあうデザインか全体が見れる姿見(鏡)を見ないとわからないため。 5、歩いてみてみないとわからないため。 6、当たるところがあるかわからないため。 です。 お店の店員さんに伺ったところ、ためし履きだけでもしてほしいのが本音だと伺いました。自分に合わないと思えば買わなくても、店員さんは馴れているのでどんどん試してみてください。 

足・脚・歩行をトータルに、丁寧なカウンセリング、そして良心的なプライスで提供。 女性の足に極上の癒し(コンソラーレ)を施す 私は、あなたの脚を癒して上げたい、それからスタートした。女性専用の隠れ家的サロンを運営しています。 美脚専門サロン サロン・ド・コンソラーレ www.consolare.net    


0回の閲覧0件のコメント
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • Wix Facebook page