本日、DLMO手術、外反母趾の骨切り日帰り手術を受けた婦人を電車でお声をかけてお話を伺いました。


帰りの電車で斜め前の婦人の投げ出した足が気になり、声をかけました。 手術していない方の足にはニューバランスを履き、手術した方の足には、DARCO社のオルソウェッジシューという足関節が15度背屈位に保持するように設計された靴底で、足先まで全開できる開閉式ベルトの靴で主に前足部の手術の後に履く、ぽっくりのような靴を履いていました。