外反母趾にも優しいおしゃれな靴。fitfit(フィットフィット)バイカラー・ヒールアップ・バレエ



美脚専門サロン サロン・ド・コンソラーレ

外反母趾である私は、外反母趾用の靴を見てなんて野暮ったいのだろうと落胆していました。黒一色やゴツかったり、本当に溜息ついちゃいます。同じ思いをしていた社長がオシャレな靴を作ってくださいました。女性は何歳になっても女子であり、オシャレをしたいものです!足にいいからとその靴がいいからと言っても女子は履きません(笑)いいのは知っているんです!ただ嫌なんですダサいのを履くのが。占いで悪い結果が出たとしても女子はファッションでその一日を変える事ができます。特にいやなことが合っても素敵な靴を履けば気分が上がるんです。 先日、高齢のお客様が私のサロンにお見えになっていましたが、介護靴がダサくて履きたくないと(笑)激しく同意いたします。女性はいくつになってもオシャレなんです。

 

通販=足に合うはずがないイメージが強かった私ですが、最近では靴ブランドの取材によって考え方がひっくり返されています。靴ブランドの広報の方のお客様を思うがあまりの熱い気持ちに時間を忘れて説明してくれることがあります。 良い機能をおしみなく入れた、それをきちんとお客様に説明して欲しい=通販で販売という新しい形を見ました。 やっとfitfit日比谷シャンテ1号店に取材に行くことができました。 オープンしていたことは存じておりましたが、行った時の売り場は立錐の余地もないほど、お客様でいっぱいでした。そして、中央に大きなフィッティングソファがあります。何足でも履いてもいいですよと雰囲気の良いきさくな店員さんが惜しみなく沢山靴を目の前に持ってきて下さいました。こんなに試足できるお店そうそうありません。面白いと思ったのは、お昼休み時間に来ているOLさん、ベビーカーで来ている若いお母さん、親子で来ているお客様、高齢のマダム、ターゲットがすべての年齢層女性の女性?といった感じで、皆様笑顔で大きな鏡で試足していました。驚きのすごい光景です。平日の昼間に行ったのですが本当に人気の売り場でした。みんなが待ってたんでしょうね。 こちらのバイカラー・ヒールアップ・バレエは、私のような子供が小さいお母さんでもオシャレに決まる靴です。 保育園に預けていますので、意外と脱ぎ履きがすぐに出来ないと困ることがあります。そして、車の運転。自転車。運転するのにヒールが高いとヒールのことを考えて行動しないといけません。 fitfit(フィットフィット)バイカラー・ヒールアップ・バレエは、カジュアルダウンしてながらエレガンスさを忘れていませんので、そのまま仕事でもおかしくないとおもいます。通勤も多様化して女性は黒いパンプスを履かなくなってきているので。 これすごいかっこいい。

 

fitfit(フィットフィット)バイカラー・ヒールアップ・バレエの大きな特徴は5つ 1、外反母趾に優しい木型。 人間工学に基づき開発した外反母趾に優しいオリジナルの木型。 前足部を幅広にすることなく、親指まわりにゆとりを確保。


水色 一般的な靴の木型のライン 赤色 外反母趾を考慮した木型のライン 赤ラインのように靴のセンターラインを足なり(親指より)にすることで、足指まわりにゆとりが生まれ、親指がまっすぐに伸びて納まります。 2、足本来の形を靴にした。


足本来の形に合わせて親指側は高く、小指側は低く設計。 足先ぴったり、ラクな履き心地。

3、待望のヒール高3.5㎝。(実感ヒール高:約3cm)