偏平足 へんぺい足 へん平足



◎偏平足とは? 縦アーチがつぶれている足。足底全体が地面に接している状態。     ◎なぜ偏平足になるの? 幼少期の外遊びの欠如。足の指をたくさん使わないとアーチが形成されない。大人になってからの生活習慣。

 

◎偏平足のデメリット ① 流れが悪くなる(流れが圧迫される)。 足の裏は重力がかかるが、アーチの部分は押されなくて済む。 縦アーチが潰れていることによってかかとから足指への流れが滞る。冷え・むくみ ② 歩きにくい 歩行=かかとから着地してつま先で蹴るローリング運動が必要、アーチがないとこのローリング効果がしづらく、結果疲れやすい。 偏平足は引きづるように歩くため、余分に疲れる。疲れやすくなる。    ⇒歩くのが嫌いになり、歩かないことによって、新たなトラブルの材料となる。 ③靴が笑う!? 足の幅がぺたりと広がってしまう。 ハイヒールを選ぶと笑いが目立たないために履くとますます足のトラブル。