タコ・ウオノメ 悩める足裏でみずみずしい足が出番を待っている。



タコ、魚の目。  悩める足裏で、 みずみずしい足が 出番を待っている。

”タコ・魚の目(ウオノメ)”を癒すコンソラーレフットケア ◎どんなトラブル? きちんと御自身でケアされてるのに、タコ、ウオノメ。 それは古い角質が足裏を覆って、新しい肌の邪魔をしているせいかもしれません。 肌は毎日生まれ変わっています。表皮の奥で生まれ、約28日間かけて表皮へと出てくる肌。このターンオーバーが営まれている足の肌はみずみずしく、内側から光を放つような透明感があります。でも古い角質が残っていると新しい肌は表面に出にくくなり、ターンオーバーも遅れがち。その結果、肌表面のタコ、深いところまでのびた魚の目など、肌トラブルがおきてしまうのです。

 

◎タコ


美脚専門サロン サロン・ド・コンソラーレ

角質層から上の透明層につもっていく構造

 

◎うおのめ


美脚専門サロン サロン・ド・コンソラーレ

深部に深く鋭くつもっていく構造、神経などに障って痛みも。

 

◎タコ・魚の目の原因? 足の特定の部分に毎日継続的に圧力や衝撃が加わると、その部分を攻撃から守ろうとして皮膚を厚くしていきます。 よく耳にする「角質」とは、その部分の「カス」のことです。 そしてその角質がもっと硬くガンコなのが「タコ」、さらに圧力がかかり続けて「芯」ができてしまうのが「魚の目(ウオノメ)」です。 特定の場所に過度な圧力、衝撃が加わる原因は、 1 足の横アーチが低下した状態(開張足)で舗装道路を歩くこと。 2 歩き方のゆがみにより、足の内側または外側に過度な体重をかけていること。 3 足と靴のフィッティングが悪く、継続的にマサツを生んでいること。。 4