ふたご座( 5月22日~6月21日生まれ)



ふたご座 関連付けられた天体・・水星 エレメント・・・風 性質・・・柔軟宮 キーワード・・好奇心、適応力、機転の早さ、多芸多才、中途半端、神経質、二面性、神経質 ふたご座は、己の肉体の存在を確立して、初めて「自分以外のもの」に興味を持った状態を象徴しています。人の発達にたとえると、兄弟とのコミュニケーション、近所の公園で遊ぶ幼児たち。好奇心のままに、話しかけたり触ったりして確かめます。興味の対象は次々に変わっていきます。 風のエレメントで柔軟宮のふたご座は、変化する状況に常に適応します。一瞬で世界を駆け巡る風のように、さまざまな対象へ興味が移っていきます。情報、交通、流通など常に動いているものと関係があります。双子はすべての領域の二面性を象徴しています。善と悪、光と影、男と女、神と悪魔、そして心理学的には、意識と無意識です。 好奇心旺盛な反面、飽きっぽいふたご座さんには、ラテン系のダンスで楽しくできるエクササイ